ご予約・お問合せ
03-5215-1114
初めての方

麹町消化器・内視鏡クリニック

MENU
 

下痢・便秘

Constipation-diarrhea

Web予約

求人案内

Diarrhea and constipation

下痢・便秘

慢性的な下痢や便秘でお悩みの方へ

下痢や便秘は誰にでも起こる日常的な不調ですが、こうした便通異常が続くと腸内細菌のバランスが崩れて慢性化しやすい傾向があります。重大な病気やアレルギー、腸の形状などが便通異常に関わっているケースもありますので、慢性的な下痢や便秘がある場合には専門医を受診してしっかり調べてもらい、適切な治療を受けることをおすすめします。腸活など腸内環境を整えることが健康にも大きく関わっていることがわかってきています。快適な生活を送るためにも、慢性的な下痢や便秘でお悩みでしたら、お気軽にご相談ください。

慢性的な下痢や便秘の原因となる疾患

下痢や便秘といった便通異常は、数多くの腸疾患の症状として起こることがあります。その中でも早期に診断して治療することが重要なのは、大腸がんや前がん病変の大腸ポリープ、潰瘍性大腸炎やクローン病、膵炎、膵臓がんなどです。便通異常だけでなく、吐き気や嘔吐、血便、黒っぽいタール便などがある場合には、できるだけ早い専門医受診が必要です。

過敏性腸症候群

下痢型、便秘型、そして便秘と下痢を繰り返す交互型の3タイプが特に多くなっています。病変などの器質的な問題がなく血液検査にも異常はありませんが、蠕動運動などの機能が乱れて症状を起こしているとされています。蠕動運動が過剰になると下痢を、弱くなると便秘を起こします。腸の機能は自律神経によってコントロールされているため、ストレスなどの影響を受けやすい病気です。

アレルギー

食物アレルギーによって、下痢や便秘を起こすケースがあります。じんましんなどの反応を起こすのは食べてすぐですが、下痢や便秘を起こすのは時間がかなり経過してから症状を現す遅延アレルギーですから、ご自分でアレルギーが原因になっていると気付くケースはまれです。アレルゲンとなる食品を避けることで下痢や便秘などの症状も現れにくくなります。なお、遅延アレルギーはアナフィラキシーなど重篤な症状につながることはほとんどないとされています。

腸内細菌叢の乱れ

抗菌剤などの服用によって腸内細菌の多くも死滅してしまうため腸内細菌叢が乱れて下痢などを起こしやすくなります。

ねじれ腸・落下腸

腸はしっかり固定されていない部分があって、ねじれなど形状に問題を起こしやすい臓器です。ねじれ腸や落下腸など腸の形状に問題があると、子どもの頃から便秘や下痢になりやすい、運動不足ですぐに便秘になるといった症状を起こすことがあります。また突発的にねじれが起きて便秘になり、解消して下痢になるケースもあります。こうした形状に関する問題も、適切な治療で改善が可能です。

診断と治療

下痢や便通の症状、それ以外の症状、既往症、服用している薬、症状が起こるきっかけなどを問診で丁寧にうかがいます。必要があれば、内視鏡検査や超音波検査などを行います。粘膜の状態を観察でき、組織採取も可能な内視鏡検査は特に有効です。

過敏性腸症候群の治療

下痢型、便秘型、交互型といった症状の内容、特にお悩みの点やライフスタイルなどを考慮して薬を処方します。蠕動運動を整える薬、便の硬さを調整する薬、知覚過敏を改善する薬、腸内細菌叢を整える薬、不安などを解消させる薬などを用います。また、下痢型の場合、予兆を感じた時に服用してその後の症状を緩和させる薬なども有効です。こうした西洋薬と併用する漢方治療も行っています。食事や生活習慣の改善などについてもきめ細かくご相談しています。

アレルギーの治療

アレルゲンを特定する検査が可能ですが、こうした検査でわかるものはそれほど多くありません。検査ではわからないアレルゲンによって起こっている場合には、食事をスマートフォンなどで撮影しておいて絞り込むことが有効です。

腸内細菌叢の乱れ

ヨーグルトや漬物など乳酸菌が豊富な食品を積極的にとりましょう。腸内環境を整えるために、食物繊維をしっかりとるよう心がけてください。

ねじれ腸・落下腸

適したマッサージやストレッチについてしっかり指導しています。習慣的に運動することも重要です。

pagetop