ご予約・お問合せ
03-5215-1114
初めての方

麹町消化器・内視鏡クリニック

MENU
 

腹部の症状

Abdominal-symptom

Web予約

求人案内

Abdomen

腹部の症状

はじめに

消化器の病気は種類も多く、原因臓器やその病態に応じて発現する症状もさまざまです。このページでは胸部・腹部・肛門部の部位別に、いくつかの消化器症状を取り上げ、それぞれの症状を引き起こす代表的な疾患を列挙致しましたのでご参考になれば幸いです。しかし、先に述べた通り疾患と症状は必ずしも一対一で対応するものではありません。特徴的な症状から病態を正しく予測できれば、適切な初動対応により、早期に病気を治すことが可能となる一方で、誤った判断をすると取り返しのつかないこともあります。症状のなかには、緊急を要するものや、がんなどの深刻な病気が隠れている場合もあるので、自己判断に頼らず、一度は専門の医療機関を受診いただくことをお勧めいたします。

 

腹痛

みぞおちから下腹部までに起こる痛みです。冷えや食べ過ぎなどで一時的に起こった場合は自然に解消しますが、疾患によるものの場合は緊急処置を行わないと命に関わるケースもあります。痛みの生じている場所、範囲、痛みの種類、痛みの起こる頻度や時間、他の症状などによって原因をある程度絞ることもできますが、確実な診断のためには消化器専門医の受診が必要です。

みぞおちの痛み(心窩部痛、胃痛)

呑酸などをともなう場合は逆流性食道炎、吐き気・嘔吐がある場合は急性胃炎の可能性があります。食事との関連では、十二指腸潰瘍では空腹時に痛みを起こすことが多く、胃潰瘍は食後に痛みを起こすことが多いとされています。虫垂炎、いわゆる盲腸でもみぞおちの痛みが起こることがありますし、急性膵炎ではみぞおちから左、背中、肩にも痛みが広がることがあります。さらに、進行した胃がんでもみぞおちの痛みを起こします。

関連疾患

逆流性食道炎急性胃炎胃潰瘍十二指腸潰瘍虫垂炎、急性膵炎、胃がん

右上腹部痛(右季肋部痛)

胆石症や胆のう炎、胆管炎といった胆のう疾患の可能性があります。激しい痛みを生じ、背中や右肩に痛みを生じることもあります。また、十二指腸や腎臓の疾患でも同様の場所に痛みを起こすことがあります。

関連疾患

胆石症、胆のう炎、胆管炎、十二指腸潰瘍大腸憩室炎、腎盂腎炎

右下腹部痛

虫垂炎がまず疑われます。ただし、虫垂の場所が移動している場合がありますし、腸炎や憩室炎でも同じような場所に痛みを生じることがあります。消化器以外の疾患では、尿路結石などの泌尿器疾患、子宮内膜症など婦人科疾患などでも右下腹部痛を起こすことがあります。

関連疾患

虫垂炎憩室炎、急性腸炎、子宮付属器炎、子宮内膜症、尿路結石

左下腹部痛

S状結腸の憩室炎や虚血性腸炎、潰瘍性大腸炎、大腸がん、腸炎などの消化器疾患の他に、子宮内膜症や尿路結石などの可能性もあります。

関連疾患

憩室炎、虚血性腸炎、潰瘍性大腸炎大腸がん、急性腸炎、子宮付属器炎、子宮内膜症、尿路結石

臍部の痛み

急性胃炎や急性腸炎が疑われますが、腹部大動脈瘤によって生じている場合は早急な対応が必要です。また、胎生期の遺残構造物に生じる尿膜管膿瘍の可能性もあります。

下腹部痛

下腹部中心には、小腸、大腸(S状結腸から直腸)、子宮、膀胱、前立腺があります。そのため、急性腸炎、潰瘍性大腸炎、大腸がんなどの消化器疾患、膀胱炎、尿路結石、前立腺炎といった泌尿器疾患、子宮内膜症などの婦人科疾患などの可能性があります。下腹部痛がある場合には、さまざまな病気の可能性を念頭において、緊急の対応が必要な病気ではないかをまず確かめることが重要です。

関連疾患

急性腸炎、潰瘍性大腸炎大腸がん、膀胱炎、尿路結石、骨盤臓器炎、子宮内膜症、子宮付属器炎、前立腺炎

 
腹部全体の痛み

軽い痛みの場合には過敏性腸症候群や腸管癒着症の可能性がありますが、激しい痛みがある場合は腸閉塞や消化管穿孔、腸間膜動脈血栓症、子宮外妊娠破裂などの可能性があり、緊急な治療が必要です。強い痛みがあったらできるだけ早く受診してください。

関連疾患

過敏性腸症候群、腸管癒着症、腸閉塞、胃・十二指腸潰瘍穿孔、大腸穿孔、腸間膜動脈血栓症、子宮外妊娠破裂

 

吐き気

胃酸過多で一過性の吐き気もありますが、食道・胃・十二指腸といった上部消化管に重大な疾患があって起きているケースもあります。また、腸閉塞など下部消化管の問題によって起こることもあります。また脳腫瘍などによる脳圧上昇でも吐き気を起こすことがあります。疑われる疾患には、逆流性食道炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、機能性ディスペプシア、便秘症、腸閉塞、大腸がんなどの消化器疾患、そして、片頭痛、脳腫瘍、もやもや病などがあります。

関連疾患

逆流性食道炎胃潰瘍十二指腸潰瘍機能性ディスペプシア便秘症、腸閉塞、大腸がん、片頭痛、脳腫瘍、もやもや病

 

胃もたれ

胃に長く食べ物が残っているように感じ、胃が重い、鈍い痛みがある、むかつきなどの不快感を覚えるなどの状態です。逆流性食道炎、食道アカラシア、胃炎、胃潰瘍、機能性ディスペプシア、胃がんなどの上部消化管疾患が疑われます。

関連疾患

逆流性食道炎、食道アカラシア、胃炎胃潰瘍機能性ディスペプシア胃がん

 

膨満感

胃が張っているように感じる、げっぷが出そうで出ない場合は、胃炎、胃潰瘍、機能性ディスペプシアの可能性があります。腹部全体が張っているように感じる場合は、腸閉塞、腹水貯留、呑気症、便通異常、大腸がんの可能性があります。

関連疾患

胃炎胃潰瘍機能性ディスペプシア、腸閉塞、腹水貯留、呑気症、便通異常、大腸がん

 

下痢

水分量が多い便が出る場合や、水のような便が1日3回以上出る場合に下痢とされます。腸管で水分が十分に吸収されないか、腸管に水分が過剰に分泌されて起こります。乳糖不耐症によって起こる下痢は、浸透圧性下痢に分類されます。細菌が生み出す毒素によって起こる分泌性下痢、粘膜の炎症によって起こる滲出性下痢、蠕動運動亢進による腸管運動異常性下痢などに分けられます。感染性腸炎、慢性膵炎、過敏性腸症候群、潰瘍性大腸炎、クローン病、大腸がんなど幅広い疾患で起こっている可能性があります。

関連疾患

乳糖不耐症、感染性腸炎、慢性膵炎、過敏性腸症候群潰瘍性大腸炎クローン病大腸がん

 

便秘

便秘は本来体外へ排出すべき糞便を十分量かつ快適に排出できない状態と定義されています。排便回数の減少だけでなく、便の硬さや排便障害なども大きな問題になります。腹痛や膨満感、残便感などの症状をともなうことも多く、大腸疾患の症状として現れることもありますし、大腸疾患や痔などの原因になることもあります。大腸がん、クローン病、虚血性腸炎、膠原病など原因疾患の有無を確かめることが重要です。また、過敏性腸症候群の便秘型、薬剤性便秘症などの可能性もあります。

関連疾患

大腸がんクローン病虚血性腸炎、膠原病、便秘型過敏性腸症候群、薬剤性便秘症

pagetop