ご予約・お問合せ
03-5215-1114
初めての方

麹町消化器・内視鏡クリニック

MENU
 

直腸肛門の症状

Anorectal-symptom

Web予約

求人案内

Anus and recum

直腸肛門の症状

脱肛(肛門の腫れ)

肛門から粘膜が出てきている状態で、内痔核(いぼ痔)の代表的な症状です。痛みや出血をともなうこともあります。内痔核の場合、最初は自然に戻りますが、進行すると押し込まないと戻らなくなり、最終的には押しても戻らなくなります。ただし、直腸にできた前がん病変の大腸ポリープが脱出していることもあります。また直腸脱なども疑われます。脱肛があった場合は、できるだけ早く肛門科や消化器科の受診が必要です。

関連疾患

内痔核外痔核、血栓性外痔核、直腸脱大腸がん

下血(血便)

便に血が混じっている状態を下血・血便と呼びます。鮮やかな血液が混じっている鮮血便は、直腸など肛門から近い部分で出血していると考えられます。食道や胃などで出血がある場合には、便全体が黒っぽいタール便になります。大腸の奥で出血している場合は、レンガ色の暗赤色便になります。また、血液と粘液だけが出てくる場合もあります。こうした肉眼で確認できる血便以外にも、顕微鏡で検査してはじめてわかる潜血便もあります。下血は、痔、胃・十二指腸潰瘍、大腸憩室症、虚血性腸炎、感染性腸炎、潰瘍性大腸炎、クローン病、大腸ポリープ、大腸がんなど、幅広い消化器疾患で起こります。血便の色といった情報は診断に大きく役立ちますので、できればきちんと観察しておいてください。

関連疾患

胃・十二指腸潰瘍大腸憩室症虚血性腸炎感染性腸炎潰瘍性大腸炎クローン病大腸ポリープ大腸がん

肛門痛

肛門痛は痔などの肛門疾患によるものが多いのですが、陰部ヘルペス、直腸肛門異物、直腸脱、直腸がんなどによって起こっている場合もあります。また、原因がわからない肛門痛を起こすこともありますが、この場合はストレスの解消や環境改善、安定剤の処方などによる治療を行います。

関連疾患

痔核(いぼ痔)裂孔(切れ痔)痔瘻肛門周囲膿瘍、術後疼痛、陰部ヘルペス、直腸肛門異物、直腸脱直腸がん

掻痒感

肛門周辺のかゆみです。肛門や大腸の疾患によるもの、汗や拭き残しなどによるもの、過度の洗浄など手入れが過剰で起こるもの、過活動膀胱などによる尿漏れによるもの、真菌感染などが考えられます。

関連疾患

尿失禁、便失禁、痔核直腸脱、肛門湿疹、真菌感染

pagetop