ご予約・お問合せ
03-5215-1114
初めての方

麹町消化器・内視鏡クリニック

MENU
 

胸部の症状

Chest-symptom

Web予約

求人案内

Thorax

胸部の症状

胸焼け

胸からみぞおちにかけて焼けるような感じ、痙攣性の鈍い痛みなどを起こしている状態です。健康な方でも脂肪分が多い食事の後などに胸焼けを感じることがありますが、日常的に続く場合は逆流性食道炎などの可能性があります。
食道と胃の間には逆流を防ぐ仕組みがいくつかあります。特に重要な役割を担っているのは食道と胃の境目にある噴門部の括約筋です。食物を胃に届ける際には括約筋がゆるみますが、それ以外の時にはしっかりしまって逆流を防いでいます。括約筋は筋肉ですから加齢などで衰えることがあって、ゆるんでしまうと胃酸を含んだ胃の内容物が食道に逆流します。食道粘膜には強い酸性の胃酸からのダメージを防ぐ機能がないため、胃酸にさらされている時間が長いと炎症を起こします。胃酸逆流によって胸焼けなどを起こしているのが胃食道逆流症で、炎症を起こすと逆流性食道炎と呼ばれます。

関連疾患

胃食道逆流症逆流性食道炎

つかえ感

飲み込みにくい、飲み込む際につかえる、喉に違和感や異物感がある、喉が腫れている感じがする、喉を押される・締め付けられる感じがするなどの症状です。胃食道逆流症、逆流性食道炎、カンジタ食道炎、食道アカラシア、そして食道がんでもこうした症状を起こすことがあります。

関連疾患

食道がん胃食道逆流症逆流性食道炎、カンジタ食道炎、食道アカラシア

げっぷ

胃や食道から空気が口に逆流しています。早食いで食物と一緒に空気を飲み込んでしまうと生理的に起こる症状であり、健康な方でも食べ過ぎなどによってげっぷが出ることはよくあります。ただし、頻繁に出る場合には疾患が隠れている可能性があります。食道裂孔ヘルニア、胃・十二指腸潰瘍、食道がんといった消化器疾患、そしてストレスなどによる呑気症、肥満などが疑われます。

関連疾患

肥満症、呑気症、食道裂孔ヘルニア胃・十二指腸潰瘍食道がん

呑酸

口に胃酸が上がってくる感じ、酸味や苦味が上がってくるなどの症状です。胸焼けやげっぷをともなうケースもよくあります。胃食道逆流症や逆流性食道炎では、呑酸が起こることが多くなっています。

関連疾患

胃食道逆流症逆流性食道炎

胸の痛み

胸からみぞおち付近の痛みは、食道の疾患か、心臓の疾患が疑われます。狭心症など心臓病がない場合には、胃食道逆流症、逆流性食道炎、胃潰瘍、食道がんなどが疑われます。

関連疾患

胃食道逆流症逆流性食道炎胃潰瘍食道がん、心臓病

pagetop