ご予約・お問合せ
03-5215-1114
初めての方

麹町消化器・内視鏡クリニック

MENU
 

便潜血陽性・血便

Bloody-stool

Web予約

求人案内

Fecal occult blood & Bloody stool

便潜血陽性・血便

便潜血検査とは

便潜血検査は便の中に微量の血液が含まれていないかを調べるもので、肉眼ではわからない血便の有無を確かめています。一般的に便潜血検査は大腸がん検診として行われていますが、陽性で大腸がんがない場合や、陰性で大腸がんがあることも少なくない検査です。社会全体という数で考えれば便潜血検査陽性をきっかけに大腸内視鏡検査を受ける方が増えることで大腸がん発見を増やす効果が見込めますが、個人のレベルで考えると信頼性が低い検査です。

大腸がんとは

がんの発症率や死亡者数では、男女ともに大腸がんが上位を占めています。大腸がんは早期に発見できれば内視鏡による切除で日常生活に支障なく根治も望めますし、将来がん化する可能性がある大腸ポリープ切除によって予防も可能になっています。それにもかかわらず死亡者数が多いのは、早期には自覚症状がほとんどなく、かなり進行してから発見されることが多いのが大きく影響していると考えられています。早期の大腸がん発見に有効なのは大腸内視鏡検査のみですので、自覚症状のない段階で定期的な大腸内視鏡検査を受けることが早期発見には不可欠です。
大腸がんは進行してしまうとお身体や生活、お仕事に大きな負担をかける治療が必要になります。QOL(クオリティ・オブ・ライフ)を守るためにも、定期的な大腸内視鏡検査を受けることをおすすめしています。

便潜血検査陽性になったら、大腸内視鏡検査が必要です

便潜血検査は、便に血液が混じっていないかを調べる検査ですから、わかるのは消化管のどこかから出血しているということです。消化管から出血する病気はたくさんありますので、どんな原因で出血しているのかは2次検査として精密検査を受けて調べる必要があります。

造影剤によるX線検査

X線検査は早期の大腸がん発見が難しく、組織採取もできないため確定診断にはさらに内視鏡検査を受ける必要が生じます。不要な被ばくを避けるためにも、最初から大腸内視鏡検査を受けることをおすすめしています。

早期大腸がん発見可能な唯一の検査が内視鏡検査です

大腸内視鏡検査では、大腸の粘膜を隅々まで直接観察できますし、疑わしい部分の組織を採取して病理検査を行うことで確定診断も可能です。こうしたことから微細な病変の発見が可能であり、早期大腸がんや前がん病変の大腸ポリープの発見が唯一可能になっています。

楽に受けられる専門医による大腸内視鏡検査

精度が高く楽に受けられる内視鏡検査は、検査を行う医師の技術力と、それを十分に活かすことができる高度な内視鏡機器を用いることで可能になります。当院では、特殊光や画像処理、拡大などの機能により微細な早期大腸がん発見可能な最新鋭の内視鏡システムを導入しており、2万例以上の内視鏡検査を行ってきた専門医の院長が精緻な検査を行っています。

検査中に発見した初期大腸がんや前がん病変のポリープ切除

内視鏡検査中に発見された早期の大腸がんや大腸ポリープは、その場で内視鏡による切除が可能です。切除のために別の日に改めてスケジュールを作る必要がなく、大腸がん検査と治療、予防が1回でできます。定期的に大腸内視鏡検査を受けていれば、大腸がんを進行させてしまうリスクが大幅に下がります。

便潜血陽性は大腸内視鏡検査を受けるきっかけ

大腸がんは、前がん病変である大腸ポリープのうちに切除してしまえば予防できますし、腹痛・出血・便通異常・膨満感などの症状がない早期に発見することで負担の少ない内視鏡による治療で根治も望める病気です。一般的な大腸がん検診として行われている便潜血検査では早期がんの発見が難しいのですが、陽性になって受けた精密検査の大腸内視鏡検査で早期大腸がんが発見されることもあります。大腸内視鏡検査を受けるためのきっかけとして上手に活用することで、健康に役立てましょう。

便潜血検査の結果に関する報告

1000人が便潜血検査を受けた場合、約50人が陽性になります。2次検査の大腸内視鏡検査を行って大腸がんが発見されるのは、陽性になった50人のうち1~2人の割合だと報告されています。
進行大腸がんがある10人が便潜血検査を受けると1人か2人程度が見逃されて陰性と診断され、早期の大腸がんがある10人が便潜血検査を受けると半数の5人程度が見逃されて陰性と診断されると報告されています。
また、前がん病変であるポリープがある場合、便潜血検査で発見できる可能性はほとんどないとされています。

便潜血検査陰性でも、40歳を超えたら大腸内視鏡検査を

便潜血検査では大腸がんが見逃されて陰性になってしまうことが珍しくありませんし、前がん病変であるポリープは発見できません。大腸がんは進行してしまうと怖い病気ですが、早期に発見できれば楽な治療で完治も望めます。大腸がんリスクが上昇しはじめるのは50歳を超えてからですが、前がん病変のポリープを早期に発見するためには40歳を超えたら大腸内視鏡検査を受けると効果的です。

pagetop