ご予約・お問合せ
03-5215-1114
初めての方

麹町消化器・内視鏡クリニック

MENU
 

切れ痔

Anal-fissure

Web予約

求人案内

Anal fissure

切れ痔(裂肛)

切れ痔(裂肛)とは

切れ痔

肛門の皮膚が切れている・裂けている状態です。便秘の硬く太い便で切れてしまうケースがほとんどを占めますが、下痢で切れてしまうこともあります。知覚神経のある皮膚が傷を負うため強い痛みがありますが、早期には比較的短時間に痛みが治まりやすい傾向があります。出血量は少なく、大量出血が続くことはありません。
切れ痔は慢性化しやすいのですが、特に慢性的に便秘を繰り返す場合に悪化しやすくなるため治療では便秘の解消も重要になります。切れ痔が慢性化して傷が深くなって瘢痕化すると肛門が狭窄して排便困難になることもありますので、早めにご相談ください。

切れ痔(裂肛)の主な症状

切れ痔は早期の症状と慢性化して進行した際の症状がかなり異なります。

早期の症状
  • 排便時の痛みは比較的早く消える※まれに痛みがないケースも
  • 少量の出血
慢性化した際に生じる可能性がある症状
  • 排便時の痛みが長く続く
  • 排便時のとても強い痛み
  • 肛門の狭窄(便が細くなる・便を出しにくい)
  • 肛門ポリープや見張りイボができる
  • 肛門の傷が深くなって潰瘍になる

切れ痔の治療

急性期

慢性化していない状態であれば、保存的療法で比較的早い改善が見込めます。痛みや炎症を抑える軟膏や内服薬などを処方しますが、便秘しやすい場合には、便秘を解消する治療も不可欠です。また、再発や症状の緩和のために、食事や排便習慣といった生活習慣の改善も行います。水分や食物繊維の積極的な摂取、軽い運動の習慣化、身体を冷やさないようにするなどを心がけてください。排便後はシャワートイレで清潔を保ちますが、神経質に洗い過ぎないように注意しましょう。肛門周辺を温めるようにすると筋肉が弛緩して痛みを軽くすることができますし、血行が改善して傷の治りも早くなります。

慢性期

同じ場所が何度も傷付いて瘢痕化や潰瘍を生じたり、肛門ポリープや見張りイボなどのふくらみができたりします。また、肛門が狭窄して便が通りにくくなり、便が細くなるケースもあります。潰瘍や瘢痕化がある場合も保存的療法で治せる場合もあります。ただし、狭窄が強い場合や肛門が強く緊張している場合は再発しやすいため、手術によって肛門括約筋の緊張を和らげ、肛門狭窄を解消する必要があります。また、肛門ポリープや見張りイボがある場合は切除手術が必要になります

随伴性裂肛

内痔核や肛門ポリープが排便時に引っ張られて肛門上皮を傷付け、切れ痔を生じている状態です。この場合、内痔核や肛門ポリープの切除手術などの治療が必要になります。

切れ痔の手術

切れ痔を繰り返しやすい肛門狭窄を改善するための手術です。当院では日帰り手術に対応しており、術後はご自宅で1~3日程度安静に過ごす必要があります。手術内容や状態によって制限内相や期間が変わりますので、くわしくは医師とご相談ください。なお、入院が必要な場合には、連携している高度医療機関をご紹介してスムーズに治療を受けていただけるようにしています。

用指肛門拡張術

肛門括約筋の過度な緊張を改善するための手術です。局所麻酔を行って、医師が手袋をした指で肛門を拡げて緊張をゆるめる処置を行います。メスを使わずにできるため負担が少ないのですが、再発率が高い傾向があります。

側方内括約筋切開術(LSIS)

肛門括約筋の過緊張を改善するために、側方の内括約筋の一部を切開する手法です。問題が肛門の狭窄だけで、潰瘍・肛門ポリープ・見張りイボがない場合には最も適しているとされています。

裂肛切除術、肛門ポリープ切除

同じ部分が繰り返し切れて傷が深くなり潰瘍を生じている際に行われます。肛門ポリープや見張りイボがある場合は、同時に切除が可能です。

皮膚弁移動術(SSG)

同じ場所が何度も傷付いて線維化・瘢痕化している場合に行われます。繊維化・瘢痕化した組織を切除し、欠損した部分に周囲の皮膚を被せて補強します。

pagetop