ご予約・お問合せ
03-5215-1114
初めての方

麹町消化器・内視鏡クリニック

MENU
 

ジオン注射

Alta

Web予約

求人案内

Alta

ジオン注射

ジオン注射(ALTA療法)

ジオン注射

脱出をともなう内痔核を切らずに注射だけで治す治療法です。外来で受けられる日帰り手術として行われますが、切開をしないため出血といった術後の合併症リスクも最小限に抑えられます。注射だけで内痔核が治せるということからメディアでも画期的な治療法としてたびたび取り上げられています。
注射を行う位置・角度・深さ、注入する薬剤の量など、繊細な技術と経験が必要な治療法です。当院ではこの治療を多数経験している日本大腸肛門病学会専門医の院長が診察を担当し、それぞれの方に合わせた適切な治療を行っています。
※当院でのジオン注射は現在行っておりません。

いぼ痔(内痔核)の治療に効果的

ジオン注射(ALTA・アルタ療法)は、脱出をともなう内痔核のいぼ痔に適した治療法です。切開せず注射だけですから、日帰り手術として受けることができます。治療中、そして治療後の痛みがほとんどないため、お身体やお気持ちへのご負担も軽減できます。

このような方にジオン注射がおすすめできます
  • 坐薬や軟膏で内痔核の症状が改善しない
  • 排便時にたびたび出血する
  • 排便時に痔核が脱出し、自然に元に戻る
  • 排便時に脱出した痔核は、指で押さないと戻らない など

ジオン注射の流れ

全身麻酔を行い、効果を確認してからジオン注射による治療をはじめます。1つの痔核で、上極部粘膜下層・中央部粘膜下層・中央部粘膜固有層・下極部粘膜下層の4ヵ所へ分割して注射をします。この四段階注射法では、正確な位置や深さ、角度、薬剤注入量で行う必要があります。治療の所要時間は麻酔も含め30分程度です。

注射後、しばらくすると出血が止まり、脱出が徐々に軽くなります。個人差がありますが、脱出がなくなるまでに平均1週間から1ヶ月かかるとされています。

五段階注射法

四段階注射法を行い、さらに肛門の皮膚部分にも注射する五段階注射法を用いることで肛門の皮膚部分にも腫れがある場合にも対応可能です。ジオン注射は登場した当初は粘膜のみに注射可能であり、皮膚への注射は不可とされていました。その後、世界でいくつもの研究が行われた結果、一定量であれば皮膚部分への注射で効果が期待できることが実証されています。

ジオン注射のメリット・デメリット

メリット
  • 切開せずに脱出する内痔核を注射だけで治療できる
  • 侵襲が少ないので安全性が高く、お身体への負担が少ない
  • 入院の必要がなく、日常やお仕事への影響を最小限に抑えられる
  • 治療中だけでなく、治療後の痛みや出血も大幅に低減できる
  • 所要時間が30分程度と短い
  • 入院が必要なく、健康保険適用なので経済的な負担も軽減できる
デメリット
  • 脱出する内痔核でもジオン注射による治療ができないケースがある
  • 再発率が約10%とされているため、再発する可能性がある
  • 特別な訓練を受けた医師にしか行えない治療法なので治療可能なクリニックが少ない

治療後の注意点・副作用について

細かい注意点や起こる可能性のある副作用などについて、当院では事前診療でわかりやすくお伝えしています。

日帰り手術として受けることができるため入院は必要ありませんが、ご帰宅後は2日間程度安静を保っていただく必要があります。
治療で用いる薬剤には硫酸アルミニウムカリウムが含まれますが、これは腎臓から尿中に排泄されます。排泄を促進させるために治療前から事前準備として水分を積極的にとっていただき、十分な尿量を確保してください。

起こる可能性のある副作用には、注射した部分の痛みや腫れがありますが、起こることはまれです。発熱や肛門部分が重いように感じるなどの違和感を持つ方もいらっしゃいます。

pagetop